付加給付とは

2014年5月20日 / 未分類

健康保険は日頃の健康な生活、いざという時の医療費の軽減に大きな役割を担います。いつも支払っている健康保険ですが、どんな給付があるのか、細かい部分まで知っておくと無駄なく損なく使えます。健康保険組合が主体となって、運用しています。その運営で必要な時に給付されるシステムになっていますが、支給される金額も1つではありません。大きく分けて法定給付と付加給付があります。法定給付は法律によって必ず給付しなくてはならないと定められているものです。そこに健康保険組合が独自にプラスして給付している部分があります。主に大きな規模の企業の健康保険組合で、上限医療費を越した場合に払い戻してくれます。そのため、高額な医療費を自己負担しなくて済むので、日常生活の医療費軽減に大きな役割を果たします。その金額は加入する保険組合によって若干の違いはありますが。しかし、厚生労働省によって目安である金額が出されており、1か月の個人負担は25000円と示されています。この金額になるようにカバーがあることが多くなっています。ですから、企業の健康保険組合の内容や福利厚生で、どれくらいの付加をしてくれるか、チェックしておくと安心です。

kodomo01_l

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る