医療保険を学ぼう~医療費の支援制度~

 

病気になった時など、病院での治療にかかる費用を負担しなければなりません。
しかし、医療費と言うのは、経済負担になりえるもので、収入が少ない人や老人などはその負担が非常に大きいものとなります。
そこで、その経済的負担と言うものを軽減する目的で作られているのが医療保険と呼ばれる保険になります。

 

この保険があるおかげで、医療費の自己負担は軽減され、治療を可能にしてくれるのです。
これは国の支援制度の一つであり、収入が少ない人の負担は少なくなると言ったメリットが有ります。

 

尚、この制度における保険と言うのは大きく分けると公的なものと民間の2つが有ります。

 

公的の特徴は、持病が在っても加入が可能になり、しかも健康状態に関係なく加入が出来ると言う点です。
また、保険料が少ない事からも収入が少ない人でも加入する事が可能になると言うメリットもあります。
但し、高齢化社会が進むことで財政が悪化する事からも、個人の負担は増加する可能性があるとしています。

 

一方、民間の特徴は審査が存在していることです。
また、保険料は補償内容や年齢や性別により異なると言う特徴も有ります。

 

因みに、公的と呼ばれる保険は、国民健康保険や船員保険などであり、民間と呼ばれるものは生命保険会社などが手掛けている保険になります。

mama01_l

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る